『空想的×想像的×笑い』

空想的、想像的に笑いを発信するコント小説家・作家 岩崎史奇のブログ

コント×小説『巨乳好きと背の高い男性が好きは本質的に同じについて研究発表』

「それでは今から巨乳好きと背の高い男性が好きは同じについての研究発表を始めます。

理想の男性のタイプは?という質問に対して ・優しい人 ・包容力がある人 ・面白い人 ・お金持ち ・運動神経の良い人 ・背の高い人 ・一緒に居て楽な人 ・清潔感がある人

これらが上位に入り人気のある回答だと思われます。

今回メスを入れるのは背の高い男性、あるいは私より身長高い人です。 身長の高い男性は一定数の人気を誇っており定番の人気要素だという事は世間で認知されています。 つまり市民権を獲得しているという事です。 反発する勢力があるとすれば身長の低い男性になるでしょうか・・・

女性が高身長の男性を好む事に対して男性が好む女性の特徴の一つに巨乳が挙げられます。 男に巨乳好きが多数いるという認識は男女共にありますが市民権が得られているかというと決してそうではありません。 反発する勢力がバストの大きさに関わらず女性全般になるからです。

巨乳好きと高身長好きは身体的特徴に魅力を感じている点では男女共に同じです。 では何故 「どんな女性がタイプですか?」 と女性から質問されて 「巨乳の女の子だね」 「おっぱい大きい女の子が好きだね」 と素直に言えないのだろうか・・・ 僕から言わせればFカップと身長180cmは同じなのに。

身長の低い男性に遠慮して高身長が好きと言えないようにバストが小さい女性に巨乳好きと言えないという事はあるでしょう。

では何故市民権を得られないか、以上の事が考えられます。 ・下ネタと解釈されてしまう。 ・セクハラに該当する。 ・スケベな野郎と思われる。

要は巨乳と高身長では何が違うのか。 巨乳好き申告はエロに関連及び連想されてしまうのです。

「◯◯君、背高いですね。身長何cmですか?」 「◯◯さんおっぱい大きいですね、バスト何カップですか?」 エロに結び付けなければ、この2つの質問は本来なら同類の質問に聞こえるはずなんです。

僕はふざけていません。 真面目で真剣にこの男女不平等な問題を憂いています。 目を覚ませって事だよ。 さあ、真の男女平等な社会を考えようじゃないか。

今、この場に男女比5:5で30名の人間が集まっています。 30人中、何人の賛同を得られるかも研究結果として付け加えて今回の研究が完成となります。 では30人の男女の皆様に問いたい。 巨乳好きと背の高い男性が好きは本質的に同じだと思う方は挙手をお願いします・・・

賛同多数でこの研究が立証されて嬉しく思います。 以上で僕の研究発表を終わりにします。 ありがとうございました。

僕の研究発表どうでしたか、先生?」

「とりあえず、もう少し小学6年生らしい自由研究をしなさい」