『岩崎史奇のコントな文学』

 『笑い』と『人間』を書いているコント文学作家です!

コントな文学『もったいないおばけとFカップ』


コントな文学『もったいないおばけとFカップ



「こんばんは。もったいないおばけです」


帰宅した俺の目の前に突如、もったいないおばけが現れた。


「お前、何で俺が来たか分かるか?
自分が何したか分かってるか?」


「分からないです。すいません」


「お前は20代巨乳美女の同僚から、一夜限りのお誘い(後腐れ一切無し)を観たいドラマがあるからと言ってお断りした。
どんだけもったいない事しとんじゃいっ」


「す、すいません」


「ちなみに録画予約はしてなかったんか?」


「録画予約してました」


・・・「狂っとんか、ワレ?」


「最終回だったんでリアルタイムで観たかったんです」


「お前の同僚はFカップなんやぞ、Fカップ
録画予約してるドラマの最終回をリアタイ視聴するよりリアルのFカップ見んかいボケッ」


「次から気を付けます。もったいない事してすいませんでした」


「二度ともったいない事すんなよ」


謝ったらもったいないおばけは帰ってくれた。
食べ物を粗末にする事以外でも、もったいないおばけって現れるんだなぁ・・・
さぁ、ドラマ観よっと。