『岩崎史奇のコントな文学』

 『笑い』と『人間』を書いているコント文学作家のブログ

『今日も世界で誰かが嘘をついている。下に見てますか?編』

『今日も世界で誰かが嘘をついている。下に見てますか?編』 「炎上系とか迷惑系のYouTuberを人として、下に見てますか?」 「いえ、下に見てないです」 『今日も世界で誰かが嘘をついている』 * 「1年通して全身ユニクロコーデの人、下に見てますか?」 …

コントな文学『初任給と母さんの涙』

コントな文学『初任給と母さんの涙』 初任給で両親に何かプレゼントをと思い、5月の父さんと母さんの結婚記念日に母の日のギフトと合わせて贈る事にした。 就職を機に都内で一人暮らしを始めたので、時間指定で宅配を届けたから受け取るよう両親に伝えて、…

『今日も世界で誰かが虚しくなっている。前世占い編』

『今日も世界で誰かが虚しくなっている。前世占い編』 「おい、さっきの聞いたか?うつけの信長が一人称を『ワシ』から『余』に変えてたぞ。『余』って完全に天下人を意識して変えてきてるよね。 10年早えーよバカ野郎が。急に「おい、光秀。余は…」って話し…

コントな文学『ファーストキスだったのに』

コントな文学『ファーストキスだったのに』 大学のゼミの飲み会終わりの帰り道、突然唇を奪われた・・・ファーストキスだったのに。 ファーストキスだったのに、いきなり舌を入れられた。 ファーストキスだったのに、上の歯も下の歯も舐められた。 ファース…

『今日も世界で誰かが嘘をついている。ゾンビ編』

『今日も世界で誰かが嘘をついている。ゾンビ編』 俺達が通う高校にゾンビが現れた。 逃げ遅れたクラスメイトの女子の高田さんがゾンビに噛まれてしまった。 高田さんが少しずつゾンビに変化し始める。 小学校から同じ学校に通っている親友の松永功太郎が高…