『岩崎史奇のコントな文学』

 『笑い』と『人間』を書いているコント文学作家です!

コントな文学『Twitter世界トレンド1位サンバ』


泣かず飛ばずの5人組男性アイドルグループ
『美青年』

デビューから10年目の春。
売れて成功する予兆が全く無いまま29歳を迎えた美青年メンバー達。
年齢的に皆、解散するきっかけや理由、言い訳を欲していた頃だった。


絶望的に人気が無く投げやりになってリリースした曲が「Twitte世界トレンド1位サンバ」


Twitter大好き日本人♪

日本のアニメやドラマ、バラエティー、有名人が頻繁にTwitter世界トレンド1位取りすぎ♪

Twitterって日本人しかやってないんか?
他国民ももっとTwitterしようよ♪

あんたも私もTwitterサンバ♪
イーロン・マスクも一緒にサンバ♪
今日も明日もTwitter世界トレンド1位サンバ♪
オ~レ~オ~レ~Twitter世界トレンド1位サンバ~♪


悪意とインパクトがある曲名と歌詞 、そしてポップなメロディーがSNSから火がついて子供からお年寄りまで歌って踊れる国民的大ヒットソングになった。



「持ち時間1時間のフリーライブイベントで1曲目から『Twitter世界トレンド1位サンバ』のセットリストはやはり無謀だったんだよ」


「入場料無料だから曲が進むに連れて、どんどん客が帰っちゃったな」


「最初は1000人以上いた客が最後は100人割ってたよな」


「やっぱり『Twitter世界トレンド1位サンバ』は後半まで温存しておくべきだったんだよ」


「みんな知ってるヒット曲が1曲だけなんだぞ。後半まで保たないよ」


「だからって1曲目からはバカだろ」


「『Twitter世界トレンド1位サンバ』の次に出したシングル『恋人いない歴=実年齢音頭』が散々だったのが問題だよなぁ…」


「二番煎じ感丸出しの曲出して失敗して典型的な一発屋路線まっしぐらだな…」


「客席の子供から、つまんないからもう一回『Twitter世界トレンド1位サンバ』歌ってとアンコールされて屈辱だったよ」


「アンコールってそういう事じゃねえもんな」


「ヒット曲が他に無いからアンコールというかリクエストに応じてもう一回歌って、急遽最後にギター弾き語りのアコースティックバージョンまでやる事になっちまってマジで屈辱だよ」


「最後まで残ってくれた客もアコースティックバージョンはさすがに呆れてたな」


「今日のライブイベントの悲惨な内容がSNSで拡散されてるよ…世間の笑いもんだ…」



「10年やって最後にひと花咲かせられました。
僕達、美青年は大晦日の紅白歌合戦出演を最後に解散します」

#美青年解散がTwitter世界トレンド1位を獲得した。