『岩崎史奇のコントな文学』

 『笑い』と『人間』を書いているコント文学作家です!

コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い』

コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い①』

「毎日22時に就寝して5時起床です」

「年寄りかよ。
25歳でその生活リズムはまだ早いぞ鈴村」



コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い②』

「風呂上がりは白いバスローブ着てブランデー飲んでます」

「せめて40過ぎてからやってくれ鈴村」



コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い③』

「せーので持ち上げるぞ鈴村」

「はい」

「せーのっ」

「よっこいしょういち」

「25でよっこいしょういちはまだ早いぞ鈴村」



コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い④』

「等身大だと200万以上するのかぁ…」

「何の値段だ?」

「自分の銅像作ろうと思って…建設の見積り額です」

「普通は死んでから他人が建てるんだよ」



コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い⑤』

「最近…若者が一生懸命に何かを頑張っている姿を見ると…キラキラ眩しくて涙が出てくるんです」

「はじめてのおつかい観て泣くおじさんか?
涙腺バカになるのはまだちょっと早いぞ鈴村」



コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い⑥』

「課長。100人斬り達成しました」

「その年齢で経験人数100人かぁ…いいなぁ…」



コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い⑦

「あだ名ですか?地元では『後家殺し』の異名が付いてます」

「その若さで地元の未亡人達を悦ばせて虜にしてきたのかぁ…」



コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い⑧

「それ何だ?」

バイアグラです」

バイアグラ使うのはまだ早くないか?
俺はまだバイアグラなんて必要ないぜ鈴村」

「1日に何人か相手にする事もあるんで…」

「お前には敵わないよ。鈴村」



コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い⑨

「課長。再婚しました」

「25で再婚か。おめでとう鈴村。
俺は43でまだ独身だよバカヤロー」



コントな文学『イケメン会社員・鈴村快人(25歳)はまだ早い⑩

「課長。不倫がバレて3ヶ月で離婚しました」

「祝儀代返せバカヤロー」