『岩崎史奇のコントな文学』

 『笑い』と『人間』を書いているコント文学作家です!

コントな文学『キラーフレーズ一発で僕は…』

コントな文学『キラーフレーズ一発で僕は…』



「佐伯くん、好きです。私と付き合って下さい」


僕に告白してきたのは同じ大学に通う丸山さんだ。


丸山さん、性格とスタイルは良さそうだけど…


地味だし暗そうだし、見た目も好みじゃないから、悪いけど今まで女性として意識した事が無かった。


それに僕には幼稚園の頃から、ずっと片思いをしている幼なじみの女の子がいる。


だから、今まで女性とお付き合いした事が無い。


丸山さんには申し訳ないけど、交際はお断りしようと思った次の瞬間だった。


「ちなみに私、峰不二子とスリーサイズ同じなの」


そのキラーフレーズ一発で僕は丸山さんとお付き合いする事を決めた。


即決だった。


迷いなんて一切無かった。


でも、自分の中の大切な何かを失った気がした。


そして僕は大人になっていく。